marron seminar 2月講師

日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー

柿澤 一二美さん

​Vol.1 亡くなった父が残してくれた「褒めの言葉」

Profile

東京都出身。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラーの資格を有し、自身が家庭不和の環境で育ったことや長男の反抗期などの経験から、子どもの悩みに特化したカウンセリングや講演を行っている。27歳の長女を筆頭に4人の子どもを持つ母。フジサンケイビジネスアイにて「講師のホンネ」を連載中。

柿澤さんのプロフィールの「趣味・子育て」っていうのが気になっちゃって

大峯:

はじめまして!突然ですけど、私、柿澤さんのプロフィールの「趣味・子育て」っていうのが気になっちゃって(笑)。子育ってって、趣味でできるものですか?

 

柿澤:

うちは今、27歳の長女を筆頭に3歳ずつ4人の子どもがいるんですけど…。

 

大峯:

うわっ!3歳ずつって、費用面でも大変そう(笑)!

 

柿澤:

すっごい大変(笑)!しかも、子育てだけじゃなくて、夫はかつてワシントンの日本大使館の総料理長をやっていて、虎ノ門にもお店があったんですね。でも帰国後お店を閉めなくちゃいけなくなって…。それで、「お金ないし、4人の子どももいてどうしよう…」みたいな状況になったわけです。その時に、人の優しさに触れたんですよ。例えば、隣の方がご飯に連れて行ってくれたり、子どもにおやつをくれたりとか。なんか、東京では味わえないような子育てを味わうことができて。私も、子どもたちと一緒に人に育ててもらった感じがあって。だから、すごくいい思い出で楽しかったんですよね。あとは、子どもの育つ中でいろいろ見えることがあるでしょう。例えば、私たちが子どもの頃って実際に会う人しか知らなかったけれど、今の子はネットを通じて場所に関係なく友達ができたり。知らなかったことをたくさん知ることができるので「趣味」にしているんです(笑)。

大峯:

柿澤さんって、そういう経験をしたことがあるようには見えない!なんだろう、余裕のある人オーラがあると思ったんですよ。でも、きっとそれって、いろいろ乗り越えたからこそのオーラだったんですね!ところで、柿沢さんは自分のお子さんを最初から褒めて育てたんですか?

 

柿澤:

実は最初はそうじゃなかったんですよ。うちは、父が母に対してDVをふるうような家庭で。小さい時から、自分の父親と母親の仲が良くなくて、暴力もすごくいやで。いつか父に敵討ちしたかいって思っていたんです。それで、高校を卒業したあとに協栄ジム(*)に所属してトレーニングするようになって。ある日、ちょっと遅い時間に帰宅したら、父が母に暴力をふるっていたんです。それで止めに入ったら、あっけなく父が飛んで行ってしまって。後で父が亡くなってから聞いたんですけど、そのことを父が褒めていたらしいんです。会社の社長をやっていて、家でも会社でもそれまで父に戦いに行く人がいなかったから。人から、後から聞いたことだったけど、私、すごくうれしかったんです。それで、「褒めるのは大事」だと改めて思ったんですよね。

 

*協栄ジムは、具志堅用高や渡嘉敷勝男などの世界チャンピオンも輩出した名門ボクシングジム。

 

大峯:

いつも褒めてあげたいけど、そうもできないんですよね…。

 

柿澤:

「叱るほうが先」になってしまうお母さんには、褒めることの大事さをまず伝えるようにしています。まずは「自分を褒めてますか?」って聞くと、ほとんどの人がしていない。でも、体が動いてくれて、仕事もして、家のこともしてるじゃないですか。頑張っている自分を「頑張ってるよね」って褒めてあげてほしいんです。

 

大峯:

うわー。それ、してほしい!!

柿澤:

自分で褒めるだけでも、幸せな気持ちになるから、「叱る効果」とか「伝える効果」も出てくる。まずは、自分を満たすことが子育てでも大事なんじゃないかな、と思いますね。

 

大峯:

普段褒められているほうが伸びるんですかね?調子に乗っちゃう子はどうしたらいいですか(笑)?

 

柿澤:

図に乗っちゃうのは、普段の褒めが足りてないのかもしれないです。だって、いつも褒められていたら、図に乗ることはないじゃないですか。一日に何回も褒めてますか?思っていても言わないのはダメですよ!

大峯:

ふむふむ。「ありがとう」は褒めるに入りますか?

 

柿澤:

もちろん。はいりますよ。アイコンタクトしてますか?

 

大峯:

しています、しています!

 

柿澤:

子どもの発達の段階で基本的信頼(*)というのがあるんですね。子どもは、この基本的信頼があるからこそ自律できるという考え方なんですけれど、親とのこの基本的信頼の積み上げをどうするかが大切で。もし足りていないなと思ったら、そこからやり直せばいいんです。いわゆる「育てなおし」で、時間はかかるかもしれないけれど、カウンセリングに来る方には「最初からやりませんか?」って話します。

*アメリカの心理学者エリク・エリクソンの提唱した概念。

育ててくれる親への信頼感を通し、自分がこの世に存在してもいいという肯定感を養えるというもの。

 

次回は、不登校や引きこもりのお子さんについて、カウンセラーとしての見解を伺います。お子さんとの関係に悩むお母さんたちは必見ですよ!

 

marron seminar 2月講師

日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー

柿澤 一二美さん

​Vol.2 不登校も引きこもりも、全然悪いことじゃない

Profile

東京都出身。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラーの資格を有し、自身が家庭不和の環境で育ったことや長男の反抗期などの経験から、子どもの悩みに特化したカウンセリングや講演を行っている。27歳の長女を筆頭に4人の子どもを持つ母。フジサンケイビジネスアイにて「講師のホンネ」を連載中。

大峯:

相談に来る方はどんな方が多いですか?

 

柿澤:

幼稚園から、反抗期、引きこもりのお子さんまでさまざまです。家族は「引きこもり」って言いたくなくて「お家にいる」って言うんですよ。それで「子育て失敗した」って言ったりする。でもね、時間をかけて信頼を積み上げていくと本当に変わっていくんです。

 

大峯:

本当に改善するケースあるんですか?

 

柿澤:

ありますよ。例えば、外に出れないお子さんが、映画好きだったら一緒に映画に行くとか。親のほうに寄せるんじゃなくて、寄り添うことが大事。お子さんの世界に合わせるんです。

大峯:

そっか~。確かに、どうしても親の世界に合わせようとしちゃうもんね。

 

柿澤:

家族療法では、「不登校、引きこもり」が問題とは考えないんです。問題行動が出ているけど、その子は変わる必要ない。だって、まわりが変われば状況が変わるから。母親や両親の関わり方が変わるだけで変わっていきますよ。

 

大峯:

柿澤さんは、いつからカウンセリングの仕事を?

 

柿澤:

4人の子育てをしているので、子育て中のお母さんから相談受けることもあったんですけれど、本格的には長男の反抗期が大きいですね。大変な時期に立ち行かなくなって、家族療法を勉強し始めたんです。

大峯:

家族療法って何ですか?

 

柿澤:

カウンセリングってクライアントと1対1が多いんですけれど、家族療法は家族で受けてもらうんです。家族のみなさんに、「いいとき」の話をしてもらう。家族のいいところに焦点をあてるんです。不登校も引きこもりも、全然悪いことじゃない。子どものサインであって、家族が変わるきっかけなんですよ。

 

大峯:

人に相談するのが恥ずかしいという人もいると思うから、柿澤さんの「不登校や引きこもりは悪いことじゃない」っていうのはすごく響きますね。

柿澤:

隠したい親御さんはいっぱいいますね。だからこそ、難しい時期を迎えたときに相談できる親子関係になっているって大事だなって思うんです。例えば、家の中で問題のある子どもが来ると、その場の空気が変わる感じがあるなら、それを変えたらいい。まずは一緒にご飯が食べられるようにするとか。本当に小さなことの積み重ねで、いつの間にかあれ?変わってるよねっていうことが多いんですよ。

大峯:

ドラマとかでよく見る「**ちゃん、ご飯おいておくね」はダメなんですね。

 

柿澤:

実際自分がそうだとして、部屋から出ていきたくなりますか?

 

大峯:

確かに~。

 

次回は柿澤さんが思う「子育てのコツ」を伺います。日本全国、子育て中のママさん!ご期待ください!

 

marron seminar 2月講師

日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー

柿澤 一二美さん

​Vol.3 お母さんが幸せじゃないと、自分も子育てしたいと思わないじゃないですか。

Profile

東京都出身。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラーの資格を有し、自身が家庭不和の環境で育ったことや長男の反抗期などの経験から、子どもの悩みに特化したカウンセリングや講演を行っている。27歳の長女を筆頭に4人の子どもを持つ母。フジサンケイビジネスアイにて「講師のホンネ」を連載中。

大峯:

褒めること以外で、子育てで大事なことって何だと思いますか?

 

柿澤:

「まぁ、いいじゃん」っていう、緩さですかね。これ、意外と大事ですよ。

 

大峯:

私、「まぁいいじゃん」だらけだ(笑)。

 

柿澤:

あとは「経験させること」でしょうか。うちは長女が下の子の出産に立ちあって、そこから「看護師さんになりたい」「助産師さんになりたい」というようになって。結果今は、産科の医師になって、お子さんを取り上げています。やっぱり子どもは体験が必要なんじゃないかな。

大峯:

話は変わりますが、柿澤さんは、ローカルで暮らすこと、ローカルでの子育てについてはどう思いますか?

 

柿澤:

すごくうらやましいです。私も主人も東京の出身で、田舎が欲しくて。子育ても、おじいちゃんやおばあちゃんがいて「目」があるじゃないですか。例えば、強く叱るのが行き過ぎて虐待になっても、「目」があると「もうやめておきなさい」って止めたりね。親に叱られても、おじいちゃんおばあちゃんの「お父さんお母さんもあなたのためを思ってるんだよ」の一言があるだけで全然違いますから。

 

大峯:

確かに。栗原あたりだとおじいちゃんおばあちゃんと同居のお家もまだまだ多いですからねー。では、2月のセミナーで、栗原のみなさんに伝えたいことをお願いします。

 

柿澤:

育児においては、女性のほうが大変なことが多いかもしれません。でも、親も子どもと一緒に育っているので、知識とスキルを身につけて楽しんでください。子育てが落ち着いて、いい経験だったと思えるかどうかって大事だと思う。そんなことを伝えられたらと思います。

大峯:

確かに、子どもに育てられてますね。私、子どもがいなかったら真人間じゃないかもしれないもん(笑)

 

柿澤:

私もですよ。守るべき存在があるからこそ、生きられるんですよ!

 

大峯:

想像するとゾッとしますね(笑)

 

柿澤:

私、子ども自体も選んで生まれてきているかって思っていて。学びに必要な親を選んでいるんだと思うし、子どももそう思ってくれてらうれしいですよね。

 

marron seminar 2月講師

日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー

柿澤 一二美さん

「3つほめて1つ伸ばそう!

大人も子どもも幸せになる褒め技!」セミナー報告

Profile

東京都出身。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラーの資格を有し、自身が家庭不和の環境で育ったことや長男の反抗期などの経験から、子どもの悩みに特化したカウンセリングや講演を行っている。27歳の長女を筆頭に4人の子どもを持つ母。フジサンケイビジネスアイにて「講師のホンネ」を連載中。

まずは、来場者のみなさんの緊張をほぐすために、全員でのハイタッチでスタート。「ハイタッチをするときには、何か声をかけてくださいね!」という柿澤さんの言葉に「こんにちは」「ハーイ!」と声をかけあいます。そしていよいよ講座のスタートです。司会進行役で舞台女優としても活躍する遊木理央さん、そしてmarron編集長の大峯も登壇しました。

 柿澤さんが、子どもの能力を引き出すために大切にしていることは、3つ。「子どもの心の声を聴くこと」「そして信じること」「あなたなら大丈夫!と全身で伝えること」です。「これって、親子だけではなくて夫婦関係、友人関係にも使えるんです」と、柿澤さん。

人間がコミュニケーションを行う際に起こっている事柄を図で説明した後で、さっそくワークに入ります。席が隣同士になった人と「名前」「好きなこと、得意なこと」「最近のうれしかったこと、楽しかったこと」「今日講演を聞いて、手に入れたいこと」を1分間で隣の人に話します。お互いが紹介しあったところで、次のステップへ。今と同じ内容を右に座っている方が答える間、左の人は目も合わせず、うなずきもせず、できるだけ動かないようにして話をきかなくてはなりません。遊木さんと大峯もペアを組んでこのワークを実践。すると遊木さんは「うなずかずに話を聞くのが、とても苦痛に感じました」、大峯も「今のは全然楽しくない!」と感想をもらします。すると柿澤さんは「『ペーシング』というコミュニケーション技法のひとつがあります。これをちょっと勉強してみましょう」と。そこで示されたのは「話し方や身振りなどを相手に合わせる」や「相手の使っている言葉を使う」といったもの。「『相手の言葉を使う』というのは、例えば相手が『私はこう思うの』と言っているのに、『あなたはそう考えるのね』と言い換えないようにすること。『思う』には『思う』で答えるんです」と、柿澤さん。このペーシングを活かして、さっきと同じ内容を隣同士で話してもらいます。するとどうでしょう!参加者のみなさんが全員笑顔になりました。時間が来てもおしゃべりの花が咲き続けている初対面のペアもあったほど。

続いては、「ほめる」ワークです。脳卒中患者のリハビリでは、「ほめる」ことを心がけると、改善効果が1.8倍も違うという国際研究結果も出ているそうです。「では、ほめられたときのエピソードを書き出してみましょう。最近でもいいし、昔のことでもいいから。書き終わったら、お隣の方とそのエピソードを話してみてください」と、柿澤さん。ほめられエピソードを話し合う参加者のみなさんは、さきほどよりも明るい笑顔。はたから見ていても楽しくなってきます。

柿澤さんは「よく『どうほめたらいいかわからない』という人もいるんです。人間って、どうしてもかけているところに目が行ってしまうんですね。でも、こういうときに言い換えが有効なんです」と。ここで、「言い換えワーク」がスタート。「気が弱い」「わがまま」などの言葉をポジティブな言葉に置き換えるのです。「気が弱い」は「優しい」に、「わがまま」は「自分の心に正直」「自由」といったように、マイナスに感じる言葉もプラスの印象に変わるのです。柿澤さんは「いくつになっても遅いことはないです。今からでも、大切な人とコミュニケーションをとるときに、やってみてください。人はほめられると、ドーパミンが出て心地よくなるんです。すると、もっとほめられたくてがんばる。ほめるほうも、オモトキシンという物質が出て、幸福感が高まったり、ストレスの減少、血圧上昇を抑えるという効果があるんですよ」と。これには大峯も「これ、子どもに対してはもちろん、会社でも使えますね!明日からやってみよう!」と。

柿澤さんは「すごい、すばらしい、さすがの3Sを使ってほめて、さらに1つを伸ばすには相手が失敗したときに『どうしたらよかった?』『どんな学びがあった?』と聞いてあげてください。相手に考えさせることで、必ず失敗が失敗ではなくなりますから」と話すと、会場からは大きな拍手が起こりました。

T.Kさん

今年1年、学びの年にしたくて話を聞きに来ました。私はまだ子どもはいないけれど、子どもたちにスポーツの指導をしているので、ほめることの大切さを学べてよかったです。あと、先生が「過去と他人は変えられないけれど、未来と自分は変えられる」という言がすごくステキだなと思いました。

柿澤さん

みなさん一生懸命にこの時間を見て、聞いて、感じてくださって。みなさんの真剣な思いを受け取りました。子育ても親子の関係も「うまくいかない原因」は同じなので、親御さんとの関係にお悩みの方も、今日持ち帰ったもので(関係が)良い方向に改善していくといいな、と思います。今度はもっとじっくり、いろいろなお話をしたいですね。

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube

© 2019 kurihara city 移住定住 | Marron | 日本

987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号 電話番号:0228-22-1125(企画部企画課 定住戦略室)ファクス番号:0228-22-0313」

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
  • 黒のYouTubeアイコン