marron seminar 2月講師

フリーアナウンサー、話し方教室

「HANASO Speech Academy」を主宰

武岡 智子さん

​Vol.グローバル化する中で求められる「話す力」

Profile

兵庫県出身。大学卒業後、株式会社テレビ新潟放送網報道部勤務。その後フリーに。(株式会社ライムライト所属)現在は、フリーアナウンサーの傍ら、話し方教室「HANASO Speech Academy 」を主宰。子どもからビジネスパーソンまで幅広い年代を対象に「話す力」を伝えている。プライベートではアメリカ人の夫と2人の娘を持つ、妻・母でもある。

「幼少期からスピーチ力が必要」な理由って何ですか?

大峯:

武岡さんが主張する「幼少期からスピーチ力が必要」な理由って何ですか?

 

武岡:

日本の教育自体が、2020年の基本教育法改訂によって変わろうとして、「自分を表現する力」を国が求めているんです。じゃあ、それってなんで?ってなると、「実際に必要だから」なんです。日本人って、先進国であるにも関わらず他国の人に比べると自分を表現する力が低いんですよ。私がなぜそう思い始めたかというと、私の子どもがインターナショナルスクールに通っていて、もうすでに幼稚園から「Show and Tell」っていう、授業があるんです。これは、自分のお気に入りのものを持参して、なぜ好きか、どういう特徴があるか…をみんなの前でプレゼンするの。私自身は日本の教育を受けてきたし、素晴らしいと思っていますが、これじゃあ太刀打ちできないよなぁというのが正直な気持ちで。今後ますますグローバル化が進む中で、その必要性を感じたんです。

大峯:

そんな小さいうちから話す練習をするんですね!それじゃあ、武岡さんの教室に通うのは、小さいお子さんばかり?

 

武岡:

一番小さい子は0歳児(笑)。でも、だいたいは幼稚園からビジネスのエグゼクティブまでですね。私の生徒さんは0歳~60歳までいますが、20代の子たちはサッとできるようになる印象です。というのも、40代50代の世代って、学校の授業で手を挙げるときも正解を求められてきたでしょう。それが今は、自分の意見を述べることやグループで発表することが増えているようで、そういう土台ってやっぱり必要なんだなって実感しますね。

大峯:

武岡さんはなぜインターナショナルスクールにお嬢さんを通わせているんですか?

 

武岡:

単純に主人がアメリカ人だからです(笑)。私自身は日本の教育が大好きで、日本の文化とかを学んでほしいと思っているんですけれど。

 

大峯:

ご主人とのコミュニケーションで日米の違いって感じますか?

 

武岡:

「察してはやめて」て言われる(笑)。

 

大峯:

察せないんだ(笑)

 

武岡:

もともと男性は察する生き物ではないんですよね(笑)。もともと察せないものを、「この間で読み取れ」は無理なんです。だから、私は彼に対してはすごくストレートに言います。

大峯:

きちんと言葉にしないと伝わらないんですね~。

 

武岡:

インターのママ達もすごく主張しますよ。私みたいな日本人のママもいるけれど、海外育ち、留学していましたというママたちがいっぱいいて。こんなに主張するんだ?って最初はびっくりしちゃいました。でも、断るほうもはっきり断るんですよ。日本みたいに「そうですね。様子を見ましょう…」みたいなのはないんです。ふわっとした言葉だと伝わらないから。

 

大峯:

それ、気持ちいですね。

 

武岡:

日本語の話す力もだけど、英語に関してもインターに通わせてすごく感じたんです。だって「This is a pen.」とか、いついうの?って世界でしょ(笑)。実践的じゃないの。私、主人とは日本語での会話だったので、子どもをインターに入れたときに「This is a pen.」を超える英語を言わなくちゃいけなくて(笑)。そこで初めて、主張しなくちゃいけなかった。もっと話せないといけない!っていう思いもあって、教室を始めたんです。

 

大峯:

でも、もともとアナウンサーとして、いろんな話をしてきたでしょう?

 

武岡:

それ、よく言われるんですけれど、実は決定的に違うんです。アナウンサーは絵画の枠で、中の絵を引き立たせる存在じゃなくちゃいけないの。今でこそ主張するアナウンサーもいるけど、自分で物事を噛み砕いて、思いを伝えるのはやってはいけないことだったんですよ。

 

大峯:

そうなの!?知らなかったなぁ~。

 

次回は、大峯自ら武岡さんのレッスンを実践!お楽しみに!!

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube

© 2019 kurihara city 移住定住 | Marron | 日本

987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号 電話番号:0228-22-1125(企画部企画課 定住戦略室)ファクス番号:0228-22-0313」

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
  • 黒のYouTubeアイコン